妊娠線を消すにはクリームとオイル、どっちがいい?

「妊娠線を消すにはクリームとオイル、どっちがおすすめ?」

「クリームとオイルはどう違うの?」

いざ「妊娠線を消すぞー!」と思った時、悩むのが「クリームvs.オイル」。

効果や使い心地など、いったいどちらを選べばよいのか・・・本当に悩みます。

そこで「妊娠線を消すクリームとオイル」を徹底比較!

この記事で、あなたに合う方法が見つかりますよ。

■クリームとオイルの違いは?

妊娠線を消すクリームとオイル、違いは次の2点です。

●保湿力

妊娠線を消すクリームとオイル、まず違うのは「保湿力」です。

両方とも保湿力は高いですが、どちらかというとオイルの方が高保湿。

これは何も「クリームだと保湿できない」というわけではありません。

クリームは肌表面に膜を作り、水分の蒸発を防止。

オイルは肌の中まで浸透し、奥から保湿。

さらに肌表面にフタをし、肌バリアを強化する役目もあります。

妊娠線を消すには保湿が不可欠。

保湿力だけで比較するなら、オイルに軍配が上がりそうです。

●使用感

妊娠線を消すクリームとオイル、いちばん違うのは「使用感」です。

実は妊娠線ケアは、オイルよりクリームのほうが人気があります。

「えっ? 保湿力はオイルのほうが上なんでしょ? なぜクリームのほうが人気があるの?」

人気の理由は、使用感の良さ。

オイルはベタツキやすいのがデメリット。

「肉割れケアにオイルを塗ったら、べたついてパジャマが着られない」「すぐ洋服を着られないから、出勤前に塗ることができない」という口コミが多いんです。

妊娠線を消すクリームなら、ベタツキはグッと軽減。

のびが良く、サラッとした使用感なので「すぐにパジャマが着られる」「出勤前にサッと塗れる」など、とても使いやすいんです。

妊娠線を消す方法、クリームとオイル、どっちもメリット・デメリットがありますね。

では結局、どちらを使えば良いのでしょうか。

■徹底的にケアするなら、同時使いがおすすめ!

妊娠線を何としてでも消すのなら、「クリームとオイル併用」がおすすめ。

ただし併用するには、塗る順番が重要です。

順番は「1にクリーム、2にオイル」がおすすめ。

先にオイルを塗ってしまうと、肌にピタッとフタができ、クリームの有効成分が浸透しません。

まずクリームで保湿を補い、水分蒸発を防いだうえで、オイルを塗れば完璧!

ダブルの効果で、うるおいを閉じ込め、ウルツヤお腹に近づけます。

妊娠線を消すには、クリームとオイルの併用がベストです。

クリームとオイルの比較、いかがでしたか?

できてしまった妊娠線を消すのは、なかなか大変。

肉割れがひどい場合は、同時使いが確実。

ストレッチマークの深刻度、肌質、好み、予算に合わせて、あなた自身が納得できるケアをしましょう。